土地活用する場合には「売却」することもあります。今回は【土地活用での不動産会社との3つの媒介契約】についてご紹介します。

1番目は「専属媒介契約」です。こちらの契約は限定した1社だけに媒介をお願いする契約になり他の不動産会社に掛け持ちで依頼することはできなくなっています。売主さんが自分で買主さんを探して来た場合でも契約している不動産会社を通じて契約するきまりになっています。

専属媒介契約を結んだ場合に不動産会社は指定流通機構「レインズ」に物件の情報を登録しなければなりません。

2番目は「専任媒介契約」です。専属媒介契約と同じように特定した1社に依頼する契約で指定流通機構「レインズ」に登録する義務があるのも同じです。異なる点は売主様ご自身が買主さんを探して契約することもできます。

3番目は「一般媒介契約」です。こちらの契約は複数の不動産会社に依頼できることが大きな特徴になっています。売主さん自らが買主さんとも契約することも自由で不動産会社に特別なことをしなければならない義務もないです。実際には不動産会社の担当者が営業しながら買主さんを探すことになります。

売却を考えている土地の広さが大規模になる場合は買主がデベロッパーなど法人に限定される場合もあります。こんなケースは入札が実施されることもあるでしょう。買主さんが決まれば、売買価格や引き渡しの時期をすりあわせます。売主さんと買主さんの両方の条件がまとまって合意すれば売買契約の締結になります。

それぞれ必要になる書類を揃えて正式な売買契約になります。正式契約の段階で買主さんより売主さんに手付けが支払われるのが一般的です。その後、残代金の精算をして登記手続きになります。