賃貸経営は物件を入居希望者に貸し出すことで収入を得るビジネスです。賃借人から賃料を貰うことで成り立ちますので、商売道具は物件になります。これから賃貸経営を始めるにあたり、良いスタートを切るときに、その物件こそがとても重要になります。

良い物件には人が集まります。デザインが良かったり、あまり古びていない外観であれば入居希望者も増えるでしょう。また賃料も大きな問題になります。比較的新しいけれど、賃料が安いのであれば、殺到する物件になります。立地条件も無視できません。

駅やバス停が近くになったり、商業施設が近場にあるような物件は、それだけで人気を集めます。賃貸経営で成功を収めたいのであれば、人を集めることは必至です。物件に人が集まることを考えなければなりません。空き室が出れば、それだけで収入に直結します。そして人を集めるだけではなく、その物件に留まってもらえるようにしなければなりません。

それをかなえるものこそが物件になります。物件を購入することから賃貸経営は始まりますので、良い物件を抑えるようにしましょう。必ず押さえておきたいポイントは、立地条件と賃料です。良い場所にあり、賃料もお手頃であれば、たとえ退去者が出たとしても、あとから入居を希望する人が必ず現れてきます。

良い物件を見つけてそれを購入するこそが、不動産事業の成功になります。入居希望者が溢れるような素敵な物件を見つけることが、良きスタートになります。