事前に想定される賃貸経営のリスクは知っておいて損はありません。あとであたふたとすることがないように、リスクの想定だけは理解しておくことがオーナーの努めになります。たとえリスクが生じたとしても、それをカバーできる方法もありますので、同時にそれを知って賃貸経営に備えてください。

空き部屋がでることがリスクです。物件に人が入らなければ、経営が成り立たないのが不動産業です。賃貸事業は特に人を集めなければ、オーナーになる意味がありません。空き部屋ができないような良い物件を見つけることが求められます。空き部屋が出る原因としては、賃料と立地条件があげられます。

また退去者が多い場合は、物件そのものに問題がある可能性が高いです。以前なんらかの事案が起きたことがある物件であったり、隣人にトラブルメーカーがあるような場合は離れてしまい、今後入ったとしても退去者が出てくるでしょう。物件に関するトラブルは対処が難しいですので、事前にそのような物件を回避することが大切です。

また災害や老朽化は建物は無視できません。これらのことが起きてしまうと、退去者が続出して、それが収入に直結することになります。そのようなことが起きても、対処できるように保険には加入しなければなりません。家賃補償特約があるオーナー向けの保険もありますので、もしものときに備えておくことも大切です。

リスクはありますが、対処できることが多いですので、準備はしっかりとしておきましょう。